マネキンとは何なのか?かしこく利用できるようになる知識を基本から説明します

このサイトでは、多くのアパレル店で目にするマネキンについて解説をしていきます。
どなたでも一度は目にされているでしょうが、そもそもマネキンとは一体なにを目的にして作られたアイテムなのでしょうか。
このアイテムが作られた背景や歴史、そしてかしこく利用をするための基礎知識も説明をしていきます。
見慣れたものだからこそ知らなかったこともあるので、それらの点もここで詳しくご紹介をするので参考にして頂けると幸いです。

マネキンとは何なのか?かしこく利用できるようになる知識を基本から説明します

マネキンとは、1890年にフランスで誕生したアイテムです。
マネキンという言葉はフランス語であり、人の影という意味を持っています。
基本的に洋服を仕立てる際に全身のスタイルを整えるのに使われてきて、制作現場で活躍をしていたものでした。
現代のマネキンとはコーディネートのお手本になる存在で、アパレル店の店頭で目にする事が可能です。
賢く活用する際は、このマネキンをお手本にして洋服を購入すれば良い着こなしをする事が出来ます。

マネキンを展示会で使用する目的は?

展示会でマネキンを見掛けたことがある人は珍しくないと思われますが、使用する目的について疑問に思った人も多いのではないでしょうか。
マネキンは人を模して作られている等身大の人形で、衣料品売り場の商品展示に用いられているイメージがあります。
つまり本来のは展示用で、衣料品売り場であれば衣類を着用するイメージを表現する為に、モデルの代わりに用いられています。
展示会においても、マネキンに展示物を持たせたり、一緒に飾って来場者の興味を引くことが少なくないです。
実際のところは出展する企業などによりますが、集客に期待してマネキンを置いているところが殆どだといえます。
他にも、実際よりも来場者が多くいるように、賑わっているように演出したり、気配のようなものを感じさせる為に置いているところもあります。
後者は来場者向けだけでなく、出展者側の担当者に緊張感を持たせたり、気の緩みを防ぐ目的で用いられることもあるのではないでしょうか。

マネキンのレンタルを申し込む方法

マネキンやボディなどの店舗什器のレンタルを申し込む方法なのですが、探すのも申し込むのもインターネットや電話からのほうが便利ですね。
特設セールなどのイベントなどの際に、ちょっとだけマネキンを使いたいという際には、レンタルやリースが便利なのです。
もちろん、普段から店舗でマネキンを置いて販売している場合もあるかもしれませんが、お申込みは、お電話かインターネットからのお問い合わせが便利ですね。
一瞬おばけと間違えそうな、電飾マネキンなどイベントなどで盛り上がりそうな商品も扱いがあります。
借りるだけではなくて、什器を使いたいので販売していないのかというと、販売の取り扱いもある企業も少なくありません。
また、そんなにたくさんじゃないけれど、店舗什器を自宅用でという際は、アマゾンなどの通販サイトも便利ですね。
防犯用に良さそうかもしれません。
1日から借りられるものもあるようなので、購入して使うのかどうかなどよく検討したいものですね。

マネキンが販促に及ぼす具体的な効果

店頭や展示会ではマネキンを使用することで販促効果が期待できます。
メーカーや店舗が一押しの商品を着せることで、その商品を大々的かつ効率的にアピールすることができ、着こなし方を多くの人に提案することができるからです。
また、洋服はハンガーに掛けて平面的に見せるよりも、マネキンに着せて立体的に見せる方が、見る人の想像力を掻き立てることができます。
自分が実際に着用した時にどのような感じになるのか、というイメージがしやすくなるということです。
しかし、立体的に見せさえすればいいと勘違いして、マネキンのタイプを無視して選ぶと勿体無いこともあります。
若い人をターゲットにしたカジュアルな洋服なのに、大人っぽい表情をしているリアルフェイスタイプに着せると違和感を感じますし、またその逆も同様です。
タイプの選択を誤ると、その商品の魅力を下げてしまうことにもなりかねません。
販促効果を狙うならその商品がターゲットにしている年代を考慮し、それに見合うマネキンを選ぶことがとても大切です。

マネキンを破損させない上手な扱い方

アパレルショップなどで導入される機会が多いマネキンには、FRP(強化プラスチック)と呼ばれる素材が使用されており、現在は全世界共通で利用されています。
FRPは軽量で整形性が高く、塗装が容易で修復が簡単に行えるなどローコストの型で成形することができるなどマネキンにとって欠かせない素材となります。
FRPは軽度で強度が高い素材として利用されていますが、アパレルショップの店先などに設置している場合日中の紫外線によるダメージを直接受けてしまい、光劣化を起こしやすくなります。
そのため屋外で使用される機会が多いマネキンなどは、変色やちょっとしたダメージによって破損してしまう原因につながります。
少しでも破損させないための上手な扱い方として、屋外使用が多い場合にはマネキン自体に紫外線対策用のコーティングや塗装を施すことや、ディスプレイ場所の窓ガラスにUV加工を施すなど対策を十分に行うことで破損を防ぐことができます。

マネキンに関する情報サイト
マネキンのサイトへGO

このサイトでは、多くのアパレル店で目にするマネキンについて解説をしていきます。どなたでも一度は目にされているでしょうが、そもそもマネキンとは一体なにを目的にして作られたアイテムなのでしょうか。このアイテムが作られた背景や歴史、そしてかしこく利用をするための基礎知識も説明をしていきます。見慣れたものだからこそ知らなかったこともあるので、それらの点もここで詳しくご紹介をするので参考にして頂けると幸いです。

Search